‘2016/05’ カテゴリーのアーカイブ

実用的ではない?

2016/05/20

クーペタイプの多くは二人乗りを前提としたスタイリッシュなボディが特徴となっており、特にスポーツタイプは走行性能やスポーツ性などが優先されています。このため、仮に後部座席があったとしてもスペースが狭いため使い勝手が悪い場合が多く、2ドアや3ドアタイプがほとんどで実用性が高いとは言えません。体格の小さい人や子供であれば座ることも可能ですが、大きな体の人が乗り込むには不向きなスペースとなっています。
そのぶん運転席と助手席は余裕を持って設計されているものが多く、一人で運転を楽しんだり、ドライブを楽しむことを趣味とするカップル等には最適なタイプとなっています。特に1980年代の後半から1990年代にかけては、所有している車がステータスの一つとなっていたため、2ドアクーペは若者たちから絶大な支持を得ることに成功し、一時代を築き上げました。
近年は実用性が求められているため、セダンタイプと共に市場は大幅に縮小していますが、マニアからは根強い人気があります。このため、富裕層やシニア層などターゲットを絞り込み、販売台数を限定しプレミア感を出すほか、資本提携など経営戦略の一貫として一部のメーカーからは現在も販売が続けられています。

乗車定員・・・みんなで乗れない

2016/05/20

クーペは燃費もよく小回りもききますしデザインもスタイリッシュでおしゃれなのが魅力です。
しかし実は大きな弱みがあります、それは乗車人数が四人程度であるところです。大人数では一緒に乗れないのは何かと不便になるでしょう。
普段は一人で使っている方でも何かの事情で多くの人を乗せなければいけない場合もあります。しかし自分以外はたった三人しか入れませんし、しかも沢山の荷物がある場合には三人も乗せられません。家族の人数が三人以上の場合には5人乗れるバージョンのものを買ったほうがいいでしょう。
実はクーペでも5人乗れるタイプのものもあります。こちらなら一人乗車人数が増えますので少しゆとりができます。あと逆に中古の改造車などの場合でしたら二人しか乗れないものもあります。これはもう一人でしか乗らないと決めている場合やセカンドカーがある場合に利用するのがいいでしょう。
乗車人数が多ければいいということはありませんがいざというときには沢山の人を乗せなければいけないなど考えて買うようにしてください。
ちなみに5人乗りタイプも4人乗りタイプのものと比べてそん色はありません。非常におしゃれにできており若い方にも人気があります。桜02

クーペの弱み

2016/05/20

クーペタイプは、かつては若者から高い支持を得ていた時期がありましたが、車に要求するものが変化すると共に、次第に市場から沙汰されるようになりました。走行性能の良さやゆったりとしたフロントシート、見た目の良さなど少なからずメリットもありますが、これらとは相反するデメリットが大きな障害となっています。
クーペの大きなデメリットの一つが、維持費の高さです。総じて排気量が大きく、同時に高い走行性能が求められるため、必然的に燃費が悪くなってしまいます。また、使用する部品もコストを抑えたものよりは、性能を重視した良い部品が使われるため、部品交換や修理の際には出費が嵩みがちです。
近年は、コストや合理性が重視される傾向にあるため、維持費の高さは大きなマイナスポイントとなります。
実用性の低さも、デメリットの一つです。クーペは2人乗りが基本となっているため、リアシートが存在していたとしても非常に狭く、人を乗せることには適していません。荷物を載せるにしても小さな物しか積むことが出来ず、性能やファッション性を重視しているぶん実用性は低いと言わざるを得ません。
純粋に運転を楽しみたい人には向いていますが、実用性を重視している人には向かないタイプとなっています。葉01

2台目の需要

2016/05/20

2台目の需要として注目されている内容は、主に軽自動車が昨今では挙げられます。女性が社会進出したことで、夫婦で一台ずつ保有していく必要が出た場合や、仕事とプライベートで使い分けるような場合等が出ており、趣味の目的として保有するケースは一握りとなっています。また地域別にデータを集約させて特徴をはっきりと見ていけば、地方の方が高い保有率であるということが分かってきます。交通網の発達がこれには関連しており、現在では生活者自身の給与とは関係ない部分も出ているのです。定期的なメンテナンスや保険の問題などさまざまな部分が該当していきますが、就業しているかどうかという問題が結果的には大きく左右していくので、世代別にもう少し細かい観点で見るようにする習慣を持っておくことが大事になるのです。
以上の事柄を冷静に振り返ることで、子供がいる世帯とそれ以外の世帯との違いや専業主婦の環境がどういったものかについての理解が深まっていくようになります。2台目の需要というテーマで見ていけば、サブという目的で手にしたいという方が圧倒的に多くなっているので、まずはそういった庶民の声から大事に確認するようにしていく部分が大切です。桜01

高性能のエンジン搭載

2016/05/20

クルマの進化の歴史は、エンジンの進化の歴史といっても過言ではありません。ベンツによって世界初のエンジンを搭載したクルマが製造されたとき、人々は馬よりも遅いとばかにしたと言われています。しかし、徐々に性能が向上して見直されるようになっていきます。

エンジン発展の裏には、モータースポーツがありました。モータースポーツ―では高性能エンジンが搭載され、その技術が市販車にも投入されていきました。一口に高性能といっても、出力やトルクが大きいというだけでなく、最近は燃費性能が優れているという点も無視できないポイントになっています。

クーペに搭載されるエンジンは、スポーツカーのように高回転まで回せる高出力型が多いです。かつてはメーカーの自主規制もあって最高出力が280馬力までに抑えられていましたが、現在は300馬力を超えるクルマも少なくありません。ただ、普通の走りでは、日常域で多用する低速域でのトルクが重要視されます。トルクが太いと発進加速が力強くなり、アクセルを軽く踏み込むだけで軽々クルマを動かすことができます。ただ、最近では環境性能が求められるようになっており、ハイブリッドやクリーンディーゼルのようなクリーンで燃費の良いタイプが人気となっています。

クーペの強み

2016/05/20

クーペとはスポーティなボディラインが特徴的な車種のことです。ドアもツードアで、どちらかというと利便性よりも走行性を重視したタイプのものです。国内外問わず、多くのメーカーから低排気量から大排気量までラインナップされており、比較的手に入れやすいタイプでもあります。最大の特徴はツードアでスポーティであるということ。走りの性能を求めるオーナーが好むタイプであり、レースカーのベースとしても重宝されています。ツードアなのでフォードアと比べて重量も軽いためです。ですがそういったメリットがデメリットとなってしまう場合もあります。まずツードアのため、人の乗り降りが不便であるということ。後部座席の人が乗り降りする際に助手席や運転席の人も動かなければならないのが不便です。また、ツードアフォーシーターのタイプですと、後部座席がとても狭く大人数で移動するには少し不便です。逆にツーシーターの場合でもシートがリクライニングできないなどのデメリットも存在します。こういった面から見ると、家族向けではありません。どちらかというと、走行性を楽しみたい方に重宝されるタイプです。クーペの購入を検討されているのであれば、こういったメリット、デメリットをしっかりと把握しておきましょう。観葉植物04

ハッチバッククーペの魅力

2016/05/20

ハッチバッククーペとは、独立したトランクを持つノッチバックに対して独立したトランクを持たないハッチバックと、2ドア箱型のボディ形状のクーペとを合わせもったクルマになります。クーペの定義はあいまいなところがあるので、3ドアハッチバックと区別するのが難しいのですが、ハッチバッククーペは通常の3ドアハッチバックに比べると、より車高が低く、よりエレガントかつスポーティなスタイルのクルマということになるでしょう。

ハッチバッククーペの魅力は第一にスタイルがかっこいいということです。また、コンパクトなモデルが多いので、取り回しが良く、きびきびとしたハンドリング特性を持っていることも魅力です。さらに後部ドアがあるので物の出し入れがしやすいということなどもあげることができるでしょう。国産モデルでは、ほとんどこのハッチバッククーペと呼ばれるクルマはありません。実用性が低いという理由に、最近の若い世代のクルマ離れやスポーツカー人気の低迷などが背景にありそうです。ただ、かつてはトヨタセリカやホンダインテグラなどのスポーティかつスペシャリティなクルマが存在していました。今でも比較的安価な価格で中古を手に入れることができるでしょう。

ノッチバッククーペの魅力

2016/05/20

クーペは箱型の車のうちボンネット、キャビン、トランクを兼ね備えており、2ドアのものを指します。4ドアになるとセダンと呼ばれます。古い時代においては、セダンモデルを2ドアにしてクーペにしたモデルがあったり、最初からクーペとして販売された2ドアモデルがあるなど商品ラインナップには必ず存在するものでしたが、現在ではクーペそのものが人気がないため2ドアそのものが少なく主にスポーツカーなどに採用されるにとどまっています。
ノッチバッククーペはクーペの種類のひとつですが、ノッチバックの定義ではキャビンとトランクがはっきりと区別されているという点です。このためノッチバックと呼ばれるものはトランク用のドアを設けている特徴があります。なお、ハッチバックの場合にはトランクといった区別を持たずにキャビンから後部まで一体となっており、後部にハッチを設けているものになります。
ノッチバッククーペの魅力としては、外観の美しさがあります。ボンネットからトランクまでが直線で描かれるので、スマートなイメージを持たせることができるためです。またトランクとキャビンが分離されている場合には室内の遮音性が向上するので、快適性に優れます。

クーペの種類いろいろ

2016/05/20

クルマのボディ形状の中で最も美しいスタイルはクーペと思っている人は多いことでしょう。基本的に2ドアの箱型のクルマを指しますが、様々な種類があります。まずノッチバッククーペと呼ばれるタイプがあります。ボンネット、キャビン、トランクルームのスリーボックススタイルかなり、最も馴染みのあるスタイルです。セダンをベースに作られている場合は、後席スペースも十分に確保されていることが多く、セダンほどではありませんが実用性も確保されています。

二つ目にファストバッククーペと呼ばれるタイプがあります。その特徴はルーフからテールエンドまで一本のラインでつながり、明確なノッチを持たないスタイルです。ポルシェ911がこのタイプの代表的なモデルになります。三つ目に4ドアクーペと呼ばれるタイプがあります。本来はセダンなのですが、前後ピラーを強く寝かせてクーペのようなスタイルであることから、メーカーの側がこのような呼び方を始めたものです。4ドアセダンと比べると、室内が狭く、乗降性も悪いなど、実用性よりもデザインを優先したクルマと言えます。代表的なモデルとしてはメルセデス・ベンツ・CLSやフォルクスワーゲン・CCなどがあります。

クーペの魅力|シャープなボディラインと車高の低さがスポーティ!

2016/05/20

クーペと言えばスポーティなボディラインが魅力的な車両です。カスタムベースとしてもとても重宝されており、各メーカーからも軽から大排気量のモデルまで様々なタイプが販売されており、予算に応じて購入することができます。クーペとは、一般的にツードアのものを指します。ツードアなのでフォードアと比べても重量も軽く、レースにもよく使用されています。またスポーティなボディラインですので男性を中心に人気を博しており、多くのカスタムパーツも販売されています。メリットとしてはツードアのため、後部座席への乗り降りが不便なので大人数での移動はちょっと不向きです。家族などにはあまりお勧めできないモデルではありますが、走りの性能や楽しさを楽しみたいのであればこの上ないモデルと言ってよいでしょう。走行性能を重視されているのも特徴的なので走りを楽しみたい人の他に初心者でも比較的扱い易いモデルでもあります。また、ボディ自体もコンパクトに設計されているものが多いため、道路が狭い日本ではとても運転しやすいタイプです。クーペの魅力と言えば、やはりスポーティなボディラインという見た目のかっこよさと、走りの楽しさを十分に満喫できるということでしょう。観葉植物03

最近の投稿