雨の日は気をつけて!スリップ事故を防ぐための2つのコツ

ドライブが趣味だという人も多いものですが、お天気によって運転の仕方には注意しなければなりません。晴れている日には大丈夫だということでも、雨が降って路面が濡れているときにはスリップをする可能性が何倍にも跳ね上がるという実験結果なども報告されているほどです。スリップ事故は、雨ふりの日になると特に増える交通事故の1つなので、降水量に関わらず注意をしてハンドルを握ることが大切になります。それではスリップ事故を防ぐためにはどうすれば良いのでしょうか。まず一番大切なのは、スピードの出しすぎに気をつけるというものです。いくら運転の上手な人だとしても、スピードが出ているときにはコントロールしきれない部分が出てくるからです。急ブレーキをかけることも、事故になる大きな要因となります。雨のせいで道が滑るので、急ブレーキをかけてしまった際に、すぐに止まることが出来ずに前の車などに追突をしてしまうというリスクが出てくるためです。大雨の際などには、特に前方が見えづらくなってしまうことにより気付いたときに慌ててブレーキをかけるという事もありがちです。そのような点から考えても、安全運転を心がけて心にゆとりを持って走行する事が重要です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿