安全第一!見落とし事故を防ぐためのポイント

見落とし事故は常時、発生する可能性がある交通事故です。しかしやはり雨の日や雪の日、また夕方や夜の時間帯は、視界の確保が難しくなるため見落とし事故が発生する可能性はより高くなります。『見えにくい』と言うことを意識したうえで、平常時以上の安全運転をすることが求められますが、それ以外にも、見落とし事故を防ぐためのポイントはいくつかあります。まずは自分の存在を相手にきちんと知らせると言うことです。相手に対する注意ばかりに神経が傾きがちですが、自分の存在をきちんと知らせておけば、相手も自分に対してある程度の注意を払ってくれる可能性が高くなります。ですから悪天時や、少し周囲が暗くなってきたと感じた時は、迷わず点灯することが必要です。ハイビームは明るさと言う点では満点ですが、対向車のドライバーの視界を妨げると言う難点があります。ですから、すれ違う際だけでもロービームにする思いやりも大切です。それから見通しの悪い交差点や、狭い路地から大通りに出る際などには、必ずしっかりと一端停車をして、左右、場合によっては前後も確認することが必要です。のろのろと車が進んでいるような、停まっているのかどうかわからないと言う状況では、どうしても確認も曖昧になりがちです。そうすると確認不足で見落とし事故が発生する可能性も高くなってしまいます。ですから必ずしっかりと車を停止させること、そしてそれに合わせて確認すると言う習慣を持ってください。また駐車場などに車を停める際に、何か視界に異変を感じた場合には、降りて確認するのも必要なことです。面倒くさいかもしれませんが、その確認が見落とし事故の防止につながることもあります。ウェディング14

コメントは受け付けていません。

最近の投稿