クーペの弱み

クーペタイプは、かつては若者から高い支持を得ていた時期がありましたが、車に要求するものが変化すると共に、次第に市場から沙汰されるようになりました。走行性能の良さやゆったりとしたフロントシート、見た目の良さなど少なからずメリットもありますが、これらとは相反するデメリットが大きな障害となっています。
クーペの大きなデメリットの一つが、維持費の高さです。総じて排気量が大きく、同時に高い走行性能が求められるため、必然的に燃費が悪くなってしまいます。また、使用する部品もコストを抑えたものよりは、性能を重視した良い部品が使われるため、部品交換や修理の際には出費が嵩みがちです。
近年は、コストや合理性が重視される傾向にあるため、維持費の高さは大きなマイナスポイントとなります。
実用性の低さも、デメリットの一つです。クーペは2人乗りが基本となっているため、リアシートが存在していたとしても非常に狭く、人を乗せることには適していません。荷物を載せるにしても小さな物しか積むことが出来ず、性能やファッション性を重視しているぶん実用性は低いと言わざるを得ません。
純粋に運転を楽しみたい人には向いていますが、実用性を重視している人には向かないタイプとなっています。葉01

コメントは受け付けていません。

最近の投稿