保管場所の所在図・配置図の書き方

車庫証明を取得する際は、保管場所がどのような所にあり、周辺にどのようなものが配置されているかを図示する必要があります。保管場所の所在図・配置図は、この保管場所を図示するための書類で、保管場所証明申請書などとともに警察署に備え置かれています。
所在図と配置図の書き方のポイントについて述べると、まず所在図については必ず自宅から駐車場までの道のりがわかるように記入する必要があります。そして、その上で自宅と駐車場の直線距離を記入しなければなりません。車の保管場所は自宅から地図上の直線距離で2km以内の場所でなければならないからです。また、自宅と駐車場だけでなく、周辺に学校や役場、金融機関の店舗、デパート、ショッピングセンターなどといった目印となるような建物があれば、それもいくつか記入しておくと良いです。
一方、配置図は駐車場所とその周囲の配置の関係がわかるように図を描くことが重要です。具体的には、駐車場の各駐車スペースに割り振られている番号は必ず記載し、保管場所に指定する駐車スペースは、斜線を引いたり、色を塗るなどして強調します。このとき、駐車スペースについては幅と奥行きをメートルで記入し、立体駐車場となっている場合は高さも記入しなければなりません。また、駐車場の出入口や駐車場と接している道路についても、幅を記入しておく必要があります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿