飲酒運転に課せられる処罰と対策

飲酒運転は道路交通法だけではなく、各種刑事罰も受けることがあります。飲酒運転は取り締まりにて見つかるケースが多いです。検査では血中のアルコール濃度値がチェックされます。吐く息によってどこまで正確に調べられるのかと疑問に思う方も多いようですが、長年の研究から導き出したチェック方法なので実際に血液で調べてもほぼ同じ数字が出るようです。飲酒運転の処罰については酒気帯び運転が3年以下の懲役または50万円以下の罰金となり、酒酔い運転の場合はさらに思い罰となります。ただし、これは取り締まりで見つかった場合であり、例えば事故を起こしてその際に見つかった場合にはこの罰に加えて危険運転致死傷罪などのさらに重い罰となることもあります。酒を飲んだら運転しないことを徹底して守る事が大事です。酒には強い、酒をどのくらい飲んだら運転できないか知ってるという方もたまにいるようですが、運転技術はただ運転ができれば良いということはありません。飲んでいない状態ではできていることが酒を飲むことでできなくなります。例えば、急な飛び出しへの対応速度や、普段はいらいらしないノロノロ運転で無理な追い越しをするなど、運転には最新の注意と冷静な判断が必要であり、酒を飲むと普段できていることができなくなります

コメントは受け付けていません。

最近の投稿