飲酒運転の罰金と種類

ウェディング09お酒は百薬の長とは言われていますが、飲みすぎは健康を害します。また、車の運転が分かっている場合には飲酒運転となりますので絶対に飲まないか、タクシー等を使って帰宅や移動をしましょう。時折テレビなどで見かけるぐらいで、自分はそんなことはしないと思っていても、気をつけることに越したことはありません。罰則についても種類があります。酒良い運転、酒気帯び運転、警告の三つです。酒量によって判定が変わってきますが、酒良い運転だと運転困難な状態で、酒気帯びは酒良いほどはいかなくても、呼気中アルコール濃度が0.15mg以上、0.25mg以上と二段階になっています。警告の場合は酒気帯び以下の量となります。これに加えて、上司命令にあたる下命、容認や同乗した場合の幇助などもそれぞれにあります。罰金も酒酔いは100万円以下、酒気帯びは50万円以下という風に決められています。その他にも免許取り消しなどの罰則もあります。ちょっとぐらい大丈夫だろうという気の緩みが事故を引き起こす原因となります。お酒を提供した側や同乗した者にも同じように罰則が与えられますから、お酒を飲んだら絶対に運転はしないように心がけて、皆との食事を楽しみましょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿