命を守る!シートベルトやチャイルドシートの有効性と実用性

車に乗るのであれば、運転者ではなくても同乗者もシートベルトやチャイルドシートをするようにしておかなくてはなりません。
しかしシートベルトをすると、苦しかったり動きを制限されてしまうような感じがして、嫌がる人もいます。
特に子供の場合は、チャイルドシートに乗せせるだけで大泣きをしてしまうような子もいるでしょう。
泣かれると困るからと言ってチャイルドシートを着用させない親もいますが、それでは子供を危険にさらしてしまう事になります。
着用しているのとしていないのでは、危険性が大きく変わってくるのです。
いくら運転が得意な人だとしても、事故に巻き込まれてしまう事がないとは言い切れません。
万が一事故に遭った時にシートベルトをしているのとしていないのでは、車外に放り出されてしまう危険性も変わってくるようになります。
大切な家族や同乗者がそんな危険にさらされてしまわないようにする為にも、きちんと着用してもらうようにしましょう。
例え子供が嫌がったとしても、毎回着用させるようにしておけばそれが当たり前になってきますので、嫌がらなくなってきます。
車に乗る限りは、シートベルトやチャイルドシートは必ず着用するようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿