交通事故はなくならない?高齢者と子供に多い事故について

交通事故は毎年、50〜60万件ほど起きていて、死者や重症者を出す痛ましい事故は合わせて5万件ほどにまでのぼります。その中には飲酒運転や居眠り運転など、運転者に責任があるものも含まれますが、歩行者の飛び出しや自転車での脇見運転など、運転者以外に責任があるものが多いことも事実です。では、なぜそのような事故は減らないのでしょうか。
一つの要因として、子どもや高齢者が被害者となる事故が挙げられます。子どもは好奇心旺盛で、自分が興味を持ったこと以外には注意を払わない傾向があります。そのため、よく聞くのが公園から飛び出したボールを追いかけて車と衝突する…といったものです。
また、高齢者の場合は、身体機能が若い頃よりも低下していることが原因として挙げられます。反応速度が遅く、車が来て危ない、と思ってはいても、体がついてこなくて逃げ遅れてしまい、車と衝突してしまうようなことがあります。
こういった事故を防ぐためには、外を歩く時には保護者がつくことが第一だと考えられます。子どもの場合は保護者がついていれば飛び出しを止めることができますし、高齢者の場合には保護者が先に危険を察知し、安全地帯に誘導することが可能になるのです。ウェディング11

コメントは受け付けていません。

最近の投稿