2台目の需要

2台目の需要として注目されている内容は、主に軽自動車が昨今では挙げられます。女性が社会進出したことで、夫婦で一台ずつ保有していく必要が出た場合や、仕事とプライベートで使い分けるような場合等が出ており、趣味の目的として保有するケースは一握りとなっています。また地域別にデータを集約させて特徴をはっきりと見ていけば、地方の方が高い保有率であるということが分かってきます。交通網の発達がこれには関連しており、現在では生活者自身の給与とは関係ない部分も出ているのです。定期的なメンテナンスや保険の問題などさまざまな部分が該当していきますが、就業しているかどうかという問題が結果的には大きく左右していくので、世代別にもう少し細かい観点で見るようにする習慣を持っておくことが大事になるのです。
以上の事柄を冷静に振り返ることで、子供がいる世帯とそれ以外の世帯との違いや専業主婦の環境がどういったものかについての理解が深まっていくようになります。2台目の需要というテーマで見ていけば、サブという目的で手にしたいという方が圧倒的に多くなっているので、まずはそういった庶民の声から大事に確認するようにしていく部分が大切です。桜01

コメントは受け付けていません。

最近の投稿