桜の名所、高森峠

高森峠は高森町と山都町を繋ぐ国道265号線にある峠で、ヘアピンカーブの多さから九十九曲りと呼ばれ、高森自然公園内に位置しています。アクセスには九州道熊本ICから車で約70分ほど走った場所にあり、頂上まで行くと阿蘇五岳が展望できるとして、多くのドライバー達に親しまれるスポットです。麓から峠までの約4kmの沿道には約6,000本もの桜の木が埋め尽くし、春になるとソメイヨシノやヤマザクラが開花するので、満開の頃には圧巻の千本桜が楽しめます。また多くの種類が植えられているので、同時期に散ることが少なく、他の桜の名所よりも長い期間、桜が楽しめるという特徴もあります。峠の三合目付近のお花見広場では、毎年桜まつりが開催されていて、郷土芸能の披露や郷土料理、特産品の販売も行われるなど活発な催し物が開かれます。この時期になると、遠方から桜を見に来る行楽客も増え、峠は下から上への一方通行になる規制が敷かれます。頂上までの片道車線には駐車が可能なスペースとなりますが、それでも足りなくなるほどの人が集まります。峠を走りながら楽しむドライバーも増え、約4kmにわたる桜の道を楽しむドライブスポットとして大人気です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿