少しなら大丈夫……はNG!飲酒運転はなぜ危険なのか

飲酒運転が危険であるのは、判断力や空間認識能力など、車を運転する際に必要な能力が全て低下してしまうからです。この状態で運転を続けてしまうと、事故を引き起こしてしまう可能性が高くなってしまうのです。
アルコールは人間の機能を低下させます。血中のアルコール濃度が高くなればなるほど、身体機能は低下してしまうことになるのです。そのため、酩酊状態になってしまうと、運転するのもやっとの状態であり、事故にあいやすくなってしまうのです。
アルコールを摂取することで、判断力が低下します。車の運転においては、歩行者の確認や対向車の確認を行うことが難しくなります。これは急な飛び込みだけに反応ができなくなるだけではなく、それなりに距離があったとしても、その人や対向車に対し確認を行うことができず、対応を行えなくなってしまうのです。
酩酊状態ではなくても、アルコールの摂取は害となってしまいます。これは軽い飲酒の状態では、判断力や思考能力においては、それほど急に下がることはありません。しかし、少ない量のアルコールの摂取は、気分を高揚させる働きがあります。そのため、運転が乱暴になったり、ちょっとしたことでもいらついてしまうことで、事故の可能性を向上させてしまうのです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿