車庫証明ができたら名義・住所の変更を

車を購入する際、または車の名義変更や住所変更を行う場合には車庫証明が必要となります。車庫証明の申請は車の購入時の新車登録及び名義変更が前提にあるのです。証明の申請先は保管場所を管轄する警察署となります。申請書に車の使用本拠と保管場所、そして車台番号や車のサイズ(長さ、幅、高さ)を記入し、この申請書に保管場所近辺の地図と保管場所の詳細な配置図(車の保管場所がわかる図)、保管場所の使用承諾書(保管場所を他人が所有している場合)又は自認書(保管場所所有者が車の使用者本人場合)を添付して提出します。提出後、調査員が申請場所が実際に車を保管できる場所であるか否かを調査し、問題が無ければ車庫証明書として交付されることになります。基本的に普通車には必ず必要な書類ですが、地域によっては軽自動車についても必要となる場合があります。この車庫証明は、交付から1ヶ月以内に陸運局にて登録手続きに使用しなければなりません。1か月を経過しますと効力が消滅し、新たに証明を取り直す必要が出てきます。ですから、車庫証明ができたら速やかに陸運局にて名義変更等の登録を行う必要があります。ですから、名義変更をする際に必要となる書類(前所有者が発行する譲渡証明書や委任状)が揃う目途が立ってから申請したほうが望ましいと言えるでしょう。ひまわり

コメントは受け付けていません。

最近の投稿