地域ごとや軽自動車などによる車庫証明取得の注意点とは

普通車の場合、新車、中古車に限らず車を購入した際には、車庫証明申請が必要となります。車庫証明は普通車の新車登録あるいは名義変更時に陸運局に提出しなければならない書類です。この書類は車を保管する場所の住所地を管轄する警察署に申請し交付を受けます。車の使用の本拠地(使用者の住所地)と保管場所が同じ場所である必要はなく、使用の本拠地と保管場所が直線距離で2キロメートル以内にあれば問題なく申請できます。申請時に必要な添付書類としては、保管場所近辺の地図及び保管場所の詳細な図面(道路から車の保管場所までがわかる図面)、土地所有者または管理者の承諾書(申請人所有の土地であれば自認書)となります。また、申請時には2200円、車庫証明交付時には550円の手数料が必要となります。車庫証明取得時の注意点としては、地域ごとに車庫証明申請書の書き方が異なっている場合がある点です。提出先の警察署に確認しながら申請書を記入していくことが望まれます。また、大きな都市などでは軽自動車の所有時にも車庫証明の申請が必要となる場合があります。軽自動車においては、所有権移転登録(または新車登録)の申請時に車庫証明を添付する必要はありませんが、車庫証明のステッカーを貼っておかなければなりません。バラ03

コメントは受け付けていません。

最近の投稿