注意!ついやってしまう居眠り運転を防止するコツ

交通事故でよくやってしまいがちなのが居眠り運転です。
あまり寝ていなかったり、疲れていたりすると、ついうっかりやってしまいがちという声も聞きます。
ただ、重大な事故にもつながりかねませんから、運転中はしっかりとハンドルを握って運転するように心がけましょう。
といっても心がけだけでは眠気は解消できませんから、そんな場合には一旦どこか安全な場所に車を駐車して小休憩を取ることをおすすめします。
また、眠気に効くドリンクやガムなどを噛んで、眠気を飛ばす方法も有効です。
これらの対策をしても眠気が取れない場合には、宿泊施設に泊まって休むことも本格的に検討することも大切です。
費用がかかってしまって厳しいという場合には、いつでも眠りにつくことができるように車中泊セットを準備して備えておくのです。
そうすればうとうと眠気を感じた段階でどこかの駐車場にとめて休むこともできます。
眠気が出ている間は人間が疲れているというサインですから、無理に運転をしてしまえば自分だけでなく周りすら危険にさらしてしまうことを自覚してください。
1人1人が安全運転を心がけて実行していくおとにより、悲惨な事故を減らすことにもつながるといえるでしょう。ウェディング12

コメントは受け付けていません。

最近の投稿