運転手さんは要注意!雨の日に増える事故とは

自動車を利用している際の事故と言うのは、どんなに気をつけていても発生してしまう可能性があるものです。その原因としては、その時の道路状況や時間帯、また天候などが挙げられます。特に天候の中でも、雨に関しては、自動車を運転する際の安全確保や安全性を著しく低下させる要因でもあります。雨が降ると、フロントガラスやサイドミラーが濡れるため視界が確保しにくくなります。また、路面が滑りやすくなりスリップが発生しやすくもなります。こうしたことを要因として雨の日に増える事故としては、まずは歩行者や自転車の見落とし、それによる衝突事故が挙げられます。特にこの天候の夕暮れから夜間にかけての時間帯は、濡れた視界が更に暗さに覆われるため、非常に視界の確保が難しくなります。そのため、歩行者や自転車と衝突するまで、それらの存在に気がついていなかったと言う人もいるくらいです。またスリップによる事故も挙げられます。スピードを落とさないままカーブを曲がろうとして曲がりきれなかったり、追い越し時の急加速によるスリップ、濡れたマンホールの蓋の上を何気なく通り過ぎようとしたらスリップが起きてしまったと言う事例が、これに該当します。ですから、雨の日はいつも以上に事故防止を心がけ、運転に集中すると共に安全運転を行う必要があります。ウェディング13

コメントは受け付けていません。

最近の投稿