自分でも取得できる「車庫証明」について

一般的に、車(普通車)を購入し名義変更登録を行うためには、車庫証明が必要となります。この車庫証明は、車の保管場所を管轄する警察署に提出します。警察署に提出する書類と聞いて身構えてしまう人がいるかもしれませんが、保管場所さえしっかり把握しておけば誰にでも提出できる簡単なものです。多くの人はディーラーを通じて行政書士に依頼しますが、行政書士が手続きする場合でも本人が手続きする場合でも提出する書類は同じです。車庫証明の用紙に氏名と住所、そして保管場所を記入し、さらに登録する車の車台番号や大きさを記入します。この申請書に保管場所近辺の地図(インターネットから地図をとることも可能です)と、保管場所の細かい配置図を作成して添付します。さらに、保管場所が自分の所有地であるならば自認書を、他人の所有地であるのなら保管場所所有者または管理者の印鑑が押されている保管場所使用承諾書を提出します。提出時と交付時には手数料が必要です。提出後には調査員が保管場所を調査し、何の問題も無いのであれば、数日後に車庫証明が交付されます。なお、使用本拠(使用者の住所地)と車の保管場所は同じ場所である必要は無く、保管場所と住所本拠が直線距離で2キロメートル以内の距離にあれば問題ありません。葉03

コメントは受け付けていません。

最近の投稿