自分で車庫証明を取得するメリットとデメリットについて

車を購入する場合や名義を変更する時に必要となるのが、車庫証明と呼ばれるものです。正式には、自動車保管場所証明書と言います。自分で車庫証明を取る場合のメリットとしては、費用を安くすることが出来るということがあります。一般的に車庫証明を業者に依頼した場合には、1~3万円程度に費用が必要となります。これを自分で手続きを行うことが出来れば、3000円程度に抑えることが出来ます。
しかし、一方でデメリットもあります。デメリットとしては、手続きに手間がかかるということがあります。手続きは、平日に警察署に出向く必要があります。そのため、平日に仕事を休むことが出来ないという場合には、手続きを行うのが難しくなってしまいます。また、手続きは難しくはありませんが、不備があった場合には、その都度訂正等をするために警察署を訪れる必要があるなど、時間と手間がかかる場合があります。面倒に感じるという場合には、業者に依頼したほうが良いかもしれません。
なお、車庫証明の申請をするための書類は、警察署で無料で手に入れることが出来ます。記入ミスをする可能性もありますので、1つだけではなく、複数をもらってくるようにすると良いでしょう。申請書を貰うために、印鑑が必要となる場合もありますので、念の為に持参することをおすすめします。バラ01

コメントは受け付けていません。

最近の投稿