自動車保管場所証明申請書の書き方

自動車保管場所証明申請書、いわゆる車庫証明を取るための申請書の書き方です。新車を購入する際にはディーラーの営業マンが代理で手続きをしてくれるケースが多いのですが、中古車、個人売買の際は自分で書いて申請しなければなりません。しかしやってみれば、さほど難しいものではありません。
まず管轄の警察署で自動車保管場所証明申請書を貰ってきます。中古車販売店などでは準備されている事もありますので問い合わせましょう。この申請書は4枚複写になっており、間違った場合は各用紙に訂正印が必要です。尚、印鑑を使用する欄がありますが実印でなく認め印で構いません。
住所は番地を略さず丁目、番地まで漢字で記入し本人の直筆に限ります。日付は提出日でなくては受理されないので提出するその日に当日の日付を記入するのが良いでしょう。捺印は複写4枚すべてに行います。欠けていると受理されない事もあります。
車名は車種ではなくメーカー名を、型式、車体番号、大きさは、購入先に車検証を見てもらって記載します。新車の場合はディーラーがそれぞれ正確な情報を教えてくれるはずです。自動車の使用本拠の位置、には住民登録している住所を記載します。自動車の保管場所の位置は実際に車を止める場所の住所を記載します。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿